メスティアの宿は
クタイシでお世話になったメディコさんの紹介で

ナジの家

こちらも2食付きで1人1泊GL30
メディコさんの家と同じ金額です

IMG_3930.jpg

薪ストーブが温かい綺麗な家です

3泊の滞在期間で出会ったのは
日本人2人、スロベニア人2人、イギリス人1人、ロシア人1人、エストニア人2人

こちらも国際色豊か

トイレとシャワー兼トイレが外にあるんだけど
シャワー兼トイレには電気ストーブが設置されてて助かった~

IMG_5800.jpg

朝夕はナジさんの美味しい手料理と
ナジさんの旦那さん手作りのリンゴからできたチャチャが楽しめます

ナジさんは片言の英語
旦那さんは英語は全くしゃべれないけど
二人ともすご~く親切で優しくて気持ちの良い人だったなぁ

薪ストーブだけでなく、人も温かな家でした

スポンサーサイト
10月28日~10月29日
10月30日~11月1日

クタイシから乗り合いバスで5時間くらい

IMG_3920.jpg

スヴァネティ地方の小さな田舎街 メスティア

IMG_3927.jpg

道端には牛 や豚 が歩き

IMG_3934.jpg

中心部以外は人影すら疎ら

IMG_3928.jpg

各家々に残る石造りの塔は 「復讐の塔」 と呼ばれ
9世紀から12世紀にかけて建てられたものらしい

「自分または家族の一員が危害や侮辱を受けた場合、
必ず相手またはその家族に復讐を果たす」

「血の掟」 と言われるこのルール

復讐から身を守るために
家単位で建てられた防御の塔なのだ

IMG_3994.jpg

この塔が見られるのはスヴァネティ地方だけ

観光地化の波が押し寄せて来てるみたいだけど
時間がゆっくり進むメスティアの雰囲気は
このまま維持してもらいたいなぁ

2014.12.29 クタイシの宿
グルジアを訪れるトラベラーにとって
どこの観光地よりも有名な場所

それが

IMG_5773.jpg

スリコの家

合計で3泊した間に出会ったのが
日本人2人、スロベニア人2人、アメリカ人2人、ポーランド人2人、イタリア人3人

国際色豊かな家にみんなが集まる理由

それが

IMG_5769.jpg IMG_5768.jpg

自家製のワインと、
ワインを蒸留したチャチャという強い酒

呑み放題なのです

家主のスリコさん
呑むのが好きで呑ませるのも好き

「いやぁ~、昨日は朝から8リットルもワイン呑んだよ~」
ってスリコさん

自慢の自家製ワインは
重過ぎない味でいくらでもクイクイいけちゃいます

IMG_5757.jpg

朝夕の食事は
奥さんのメディコさんがお孫さんと作ってくれて

手作りのヨーグルト、手作りのジャム、手作りの漬物と
何もかにもが美味いんだぁ

ワインを呑みながらグルジア家庭料理を食べ、
世界各国の人と脳みそフル回転で英会話

すばらしい家でした

IMG_5764.jpg

電話で予約ができるみたいだけどA&Kはアポなしで直接訪問

1人1泊GL30(≒¥1900)
Wi-Fi は無料で使えるけど、夜は電源を切るらしく繋がりません

クタイシ行く人、グルジア行く人
絶対に泊まるべき宿です!!
2014.12.27 勝ち点3
スノボの後、ひたすら下道で向かった日光

栃木日光アイスバックスの応援です~

先日開催された第82回全日本アイスホッケー選手権大会で
まさかの初優勝、前身の古河電工時代から含めると52年ぶりの快挙

その勢いでリーグ戦も爆発してもらいところだけど
前節、日本製紙クレインズ戦は1勝1敗の五分

ここいらで一気に勝ち点を稼ぎたいバックス

デミョン・サンム(韓国)、三連戦の初戦です

IMG_4196.jpg

第一ピリオド、
FW91 齋藤兄 のシュートが相手に当たってゴール
その後、FW17 飯村 のリーグ通算100ゴール が決まり2-0でリード

でも第二ピリオドになると
サンムの攻撃が厚みを増してきて劣勢に

IMG_4198.jpg

第三ピリオドの残り12分で同点に追いつかれ
こりゃ~延長戦かな~と思っていたら

やってくれました FW51 ボンク
相手キーパーのはじいたパックを冷静にゴール!!

FW48 上野 のエンプティゴールのおまけもついて
終わってみれば4-2で勝利~

IMG_4201.jpg

試合数が少ないから順位的には7位のまま
でもどんな泥臭い勝ち方だって、勝ち点3は勝ち点3

日本選手権に続いて
リーグ戦でも結果を残したいアイスバックスなのです!!

2014.12.26 シーズン開幕
A&K、スノボシーズンが開幕で~す

例年ならば12月中に3~4回滑りに行くんだけど
いろいろ用事が入ってしまって遅くなっちゃった

IMG_4204.jpg

今年のホームゲレンデは
会津高原たかつえスキー場

滑りやすいコース設定と
上手な人が多くて混んでいない所がKのお気に入り

足利市を午前4時半に出発してひたすら下道、午前8時過ぎに到着
雪道だけど道幅が広くて走りやすいから思ったほど疲れなかった

そして何よりも
朝一のフッカフカな新雪がちょ~気持ち良い!!

鬼怒川温泉駅発の送迎バスだと味わえない優しい新雪
二人で行くときは頑張って早朝運転するぞー (Aが・・・


残念なことに11時前くらいから強くなってきた降雪
吐息も凍る獄寒の上、ゲレンデの視界も悪くなったから休憩所へ退散

IMG_4195.jpg

12時過ぎに新潟市からやって来た
Mっちゃん一家と合流して一緒に少しだけ滑ったけど

夕方に日光市で予定が入っているので
午後2時過ぎにお別れ・・・

次回はもっとじっくり滑ろうね

2014.12.24 丸三中華そば
和歌山の旅では
またまた和歌山ラーメン を頂きました~

IMG_4181.jpg

今回は
丸三中華そば

昼時にぶち当たってしまい
駐車場に入りきれない車が列を作ってたけど

回転が速いので
それほど待たずに店内へ

IMG_4182.jpg

オーダーは中華そば

スープは濃厚な豚骨醤油
K好みの味で大満足
大盛りでもペロっといけそう

Aにはちょっとしょっぱかったみたいね・・・

美味しいラーメンが堪能できました

2014.12.22 工場見学
和歌山では工場見学もしてきました

IMG_4170.jpg

湯浅醤油

千葉県あたりかと思っていたら
和歌山県湯浅町が醤油発祥の地なんだって

金山寺味噌を作るときに
副産物としてできたのが醤油のはじまりみたい

昔は湯浅町だけで92件もの醤油会社があったみたいだけど
今は数件にまで減ってしまったとの事

IMG_4168.jpg

絞りたての醤油を味見させてくれたり
商品一つ一つの特徴を教えてもらいながらテイスティング

すべて国内産の原料から作られている醤油、
たった一人の職人さんがほとんど全ての工程を行っているんだって

工場を案内してくれた女性によると
その職人さんは 「ただただ実直なやさしいおじさん」 だそうだ


いつも使っているなくてはならない調味料、醤油

当たり前のものをちょっと詳しく見てみたい

そんな気持ちから行ってみた工場見学

醤油のことがもっと好きになりました~

2014.12.19 駅長代理
貴志駅長の 「たま」
に続きまして、伊太祁曽駅長の 「ニタマ」 です

IMG_4177.jpg

IMG_4175.jpg

高齢のたま駅長に代わり、土日祝日は「貴志駅長代理」
残りの日は「伊太祈曽駅長」として勤務してるそうです

この写真だとわかりづらいんだけど
ニタマ駅長、とてもデカイ!
足の太さなんてミケの2倍ぐらいありそう


平日というのに 「たま」 と 「ニタマ」 目当ての乗客が
結構いたのに驚いたA&Kでした

IMG_4167.jpg
                         専用自動車まであるよ

2014.12.18 駅長
弾丸で和歌山に最大の理由はこれ



和歌山電鐵 貴志川線の猫駅長「たま」

抱っこしたり、触れるのかと思いきや
ガラスのゲージに入っているではないかーっ
しかも寝てるし・・・

今年なんと喜寿(77歳 )を迎えたっていうから仕方ないよねぇ

おばあちゃんだから毎週火・水・木・金の4日間のみのゆったり勤務なので
会いに行く人は気をつけてね~


たま駅長を見た瞬間AもKも思ったことは同じでした!

ミケじゃん


                                 目つき悪くてゴメンナサイね~

たま電車(土日のみ運転)には乗れなかったけど
念願のたま駅長に会えて良かった~

2014.12.17 三度目の弾丸
雨空の昨日、
成田発、朝一のジェットスター に乗って行ってきたのは

IMG_4179.jpg

和歌山県!!

その最大の目的は・・・

IMG_4160.jpg

もう、お分かりですね

厳しい!
厳しすぎる!!
今年の寒さ!!!

先週に引き続き
寒気団にすっかり覆われたスカイダイブ藤岡

IMG_0033.jpg

上空12500ftでマイナス24℃
ヘリコプターの扉を開けると一気に冷凍庫

IMG_0097_201412151456147e5.jpg

しっかり防寒していても
冷い強風を作り出すフリーフォールには敵わない・・・

IMG_0144.jpg

指先と鼻がもげそうだぁ~
10月25日

黒海沿いの都市 トラブゾン

グルジア行きの国際バス が出ているので
乗り換えのためだけに寄ったんだけど

早朝到着の夜出発なので半日以上の空き時間

バス会社オフィスが開くまで
黒海眺めながら、ボーっとしてました

IMG_4154.jpg

バス会社で国際バスのチケットを購入し
半日以上の待ち時間つぶしに、1日トリップへ参加

最初はウズンギョルって場所だけ行くつもりだったけど
ツアー会社のおっちゃんがスュメラ僧院もセットにしろとうるさい

ウズンギョルだけなら一人50TL、
スュメラ僧院追加するならさらに一人40TL

興味ない場所に行くつもり無いと伝えると
要求してないのに値段を下げ始めた・・・

すったもんだの押し問答が続き、
二人合わせて180TL→120TLで決着

決して値下げは要求してないからね!!

そんでもって

IMG_3883.jpg

スュメラ僧院

切り立った崖にへばりつく寺院

山道歩いて寺院の目の前まで行ったけど
やっぱり興味が湧かなかったなぁ~

そして

IMG_3892.jpg

湖畔の避暑地 ウズンギョル

もっとのんび~りした印象を持ってたけど
ホテルやレストランの開発が急激に行われてたのが残念

地元の学生さんに声かけられて
一緒に写真撮ったりメアド交換したりしたのは楽しかったぁ

結果として、時間的にも値段的にも
そこそこ良いエクスカーションでした~

2014.12.10 アマスヤの宿
今回の旅で
一番値段が高かったアマスヤの宿

宿の絶対数が少ないのか
どこもかしこも財布に厳しい・・・

ネットで探して選んだのが
ILK PANSIYON

IMG_5723.jpg

伝統的な家屋を使った
古いけど古さを感じさせない宿です

IMG_5668.jpg

ベッドはダブルとシングルが一つずつ

IMG_5670.jpg

天井にはシャンデリア がドド~ン!!

IMG_5669.jpg

設備は古いけど
大切に、キレイに保たれてますよ~

シャワーの排水がいまひとつだけど
湯量は問題ないしトイレも好調
Wi-Fiはちゃんと繋がるし
朝食はめっちゃ美味いし
家族経営なのか、スタッフもみんな優しい!

そしてサプライズだったのが

IMG_5671.jpg

参りました・・・
猫好きなKにはたまらない宿だったようです

温まりの悪いヒーターで
夜の寒さが身にこたえたけど

パフォーマンスはお値段以上です!!
(犬も猫もたくさんいるので動物が苦手な人にはオススメできません)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Booking.comで予約

スタンダード ダブルルーム 1泊 TL135(=¥6675)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2014.12.09 筑波山から
先週水曜日(12月3日)、
2014 つくば インターナショナル アーティスト イン レジデンス
へ行ってきました~

目的は今回もF井さんの作品鑑賞

筑波山 の南面にある
つくばふれあいの里に展示してありました

IMG_4134.jpg

「コノヨニワガコヲオイテユクワケニハイカナイ」

IMG_4138.jpg

F井さんのメッセージが
参加アーティストの母国語で表現してあります

IMG_4135.jpg

太陽の向きによっては
くり貫かれた文字が後ろの木に映るようになっていて

筑波山から放たれるパワーと一緒になり
皆さんの心へ届くようにと工夫されてました

IMG_4137.jpg

メッセージを受け取った人々の心の中に
どのような変化がもたらされるのか

自分なりの変化を感じてみようと思います

2014.12.08 冬の大将軍
各地に大雪をもたらした
先週末の猛烈な寒波

スカイダイブ藤岡の上空も
12500ftでマイナス22℃と極寒

IMG_0009.jpg

でも、元気良く飛びましたよ~

IMG_0063.jpg

寒さによる指先の痺れ
撮影機器の電池消耗の早さ

冬だねぇ~

IMG_0080.jpg

バッテリー残量に気をつけながら
みんなの笑顔を撮り続けま~す

2014.12.05 手乗りサイズ
今回の旅で
出会ったニャンコはたくさんいたけど
Kの心を鷲掴みにしたのはこちら



トルコのアマスヤで泊まったホテルにいたニャンコでーす

生後3ヶ月ぐらい?
手のひらサイズ


青い目が綺麗なのでAomeちゃんと命名
アマスヤ滞在中は毎日A&Kを癒してくれたよ

あれから1カ月ちょっとになるけど
大きくなってるよねぇ?

彼女の成長を見に
またアマスヤに行けたらいいな~

2014.12.04 おでぶちゃん
旅行中、みけちゃんが飢え死にしてしまったらどうしようと心配してましたが
大きなお世話だったようです



冬毛で身体が大きく見えるのかと思ったけど、
抱っこするとずっしり重いじゃありませんかぁぁぁー!!

色んなとこでエサもらってるのね

10月22日~10月24日

マルマリスがあまりにトルコっぽくなかったので
トルコらしい街に滞在しようと選んだのがアマスヤ

IMG_3825.jpg

山に囲まれ、川が流れる街

大きな街じゃないし見所も少ないから
慌てて行動する必要のない、A&K向きの街だったな

IMG_3827.jpg

リンゴ が有名な街なので
スーパーで売ってたアマスヤとフジを食べ比べてみたら
日本の誇るフジに、負けずとも劣らぬ味と食感のアマスヤ

フジがトルコで手に入るのにもビックリしたけどね

IMG_5678.jpg

川が汚いのが残念だけど
定期的に、溜まったゴミを流してるみたい

IMG_3868.jpg
             ショベルカーでゴミを押し流す(回収ではない・・・)

人がおおらかで懐っこく、
声かけられて一緒に写真 とったり
ロカンタでチャイをご馳走になったり

トルコの良さを感じられるとっても良い街でした

ぜひリンゴもお試しあれ