2013.12.05 ミニシアター
先週金曜日、仙台市に帰郷したK
足利市に一人取り残されたA

仙台市を満喫しているKに負けじと
Aは高崎市にあるミニシアターで映画鑑賞

シネマテークたかさき

以前から気になっていた映画館で
ようやく行く事ができました~

IMG_2641.jpg

観た映画は
「父ちゃんのポーが聞こえる」(1971年)

たかさき

聞いたこともない映画だったけど
舞踏病という難病に侵された少女とその家族の物語

号泣必死の映画らしく、
涙腺が弱まりつつあるAは少し不安・・・

お客の数は全部で7人
Aより若そうな男性1人以外はみ~んな年配

そんでもって映画はというと

ただただ、古い!!(あたりまえか・・・)

ギター持った青年が
いきなり難病少女に向って公園で歌いだしたり

足の不自由な少女が
歯の浮くような背景の前で
憧れの青年とダンスする妄想にふけったり

涙どころか赤面ですよぉ~

結局、少女は呼吸困難で亡くなってしまい
映画終了

空席をひとつまたいだ右隣の年配女性は
途中からグスグスと泣いてたけど
Aの涙腺は全く反応せず

まぁ舞踏病という病気があるって事がわかっただけ
勉強になったのかもしれないな

これからも気になる映画があったら
観に行ってみよぉ~っと

スポンサーサイト