2012.10.04 手作り
10月2日
サマルカンド3日目

Kの希望で隣村のコニギルまで
サマルカンドペーパーの製作所を見学しに行ってきました

ところが「歩き方」に載っているバスを待っていても
その番号のやつが一向にやってこない

30分以上待っていると色々な人から「どうしたの?」と声かかるけど
こちらは英語、あちらはウズベク語で全く通じない

すると水色の服着た前歯が全て金歯のおばちゃんが寄ってきて
「あなた達、日本人?韓国語分かる?」
そこでK「少しなら分かります」

どうやらコニギルに行くには1番のバスしかないらしい
「歩き方」には8Aや395番と載っていたがおそらくそれでは行けません
と言うか、待てども待てどもそんなバス来ません

常日頃から韓国 ドラマでの勉強を欠かさないK
全く違う土地で思わぬ形で役に立ち、
「帰ったらKム兄に報告しなきゃ 」と嬉しそう


到着したコニギルは
人影まばらなひっそりとした村

IMG_6296.jpg

木々に囲まれた小川の脇に工房がありました

IMG_6284.jpg

紙の製作は全て昔のまま

IMG_6280.jpg

手で桑の枝の皮を剥ぎ、数時間煮詰め

IMG_6279.jpg

水車の力で繊維を砕き
漉いて乾燥させた紙を貝殻で磨き上げ完成

こうして造られた紙は繊維が細かく頑丈で
ネズミもかじらないので千年単位で持つとの事

(肝心の完成した紙の写真を撮り忘れてしまいました・・・

IMG_0949.jpg
                   行きも返りも満員のバス

そろそろ次の行程を考えないとね

IMG_6277.jpg

スポンサーサイト