2012.02.21 海風
タルーダントから
海辺の街、エッサウィラへの移動は
またもや民営バス

タルーダント-エッサウィラのバスは出ていないので
インズガーンまで行き、そこでエッサウィラ行きのバスに乗り換えます

まずはタルーダントのバスターミナル

IMG_0464.jpg

先日チケット会社のおじさんから聞いていた8:30発のバスを見つけ
その周りでたむろっている人にインズガーン行きかどうかを確認

IMG_0463.jpg IMG_0462.jpg

荷物を係りの人に預け、
チケットは出発後に車内で購入

前のバスと比べると今回のバスは車内もキレイ
でもやっぱりリクライニングは壊れており、
走行中はすきま風がスーッと入り肌寒かったな

約1時間30分後、ほぼ予定通り
インズガーンのバスターミナル到着

IMG_0467.jpg

いくつものチケット会社が並んでおり
適当にエッサウィラ行きのバスを聞くと
「あっち に止まってるよ」 と教えてくれる

そっちの方向へ歩いていくと、別のおじさんから声がかかり
エッサウィラの名前を伝えると
「あのバスだ 」 またまた教えてくれる

IMG_0466.jpg IMG_0468.jpg

ココでも外でたむろっている人に行き先を確認
自分で荷物をトランクに載せ、その場でチケット購入し車内へ

このバス、日本の長距離バスに引けをとらないくらいキレイ
さらに座席も指定されるので安心感も抜群
車内の時計が正確なのもこのバスが初めてだった

インズガーン出発後アガディールのバスターミナルを経由
しばらくすると

IMG_0473.jpg

そこに広がるのは大西洋

しかしまぁエッサウィラまでの道のりは
アップダウン、右へ左へとクネクネの連続

Aの後ろに座った人は
我慢できずにビニール袋へ
本人はもとより、隣に座った人もさぞ辛かった事でしょうね


14:30 予定通りエッサウィラ到着後
値段交渉の末、その宿にチェックイン

落ち着いて大西洋を眺めるべく
ポルトガル時代の砲台が残る城壁に行ってみると

IMG_1375.jpg IMG_1387.jpg

コレでもかってくらい吹きすさぶ強風
体がすっかり冷えてしまったのでそそくさと城壁内へ

IMG_1402.jpg IMG_1388.jpg

街の家々は、白い壁に青い窓で統一され
そのコントラストがより一層、海 の街を印象付けます

それにしてもヨーロッパ人 観光客が非常に多く
街の人も観光客相手に少しすれた感じ

タルーダントと大違いだなぁ

IMG_1399.jpg

スポンサーサイト