2011.12.21 野良:前編
先週の日曜日
スカイダイビングに行こうと駐車場で車のエンジンをかけると

「・・・ミヤァァァ~・・・ミヤァァ~・・・・・・」

と、弱々しい泣き声がっ

我が家のベランダ脇の狭いスペースに
寒さですっかり弱りきった子猫が息も絶え絶えに倒れているではないですか

ココで手を差し伸べることの重大性は理解しているものの
このまま放っておくと、我が家のスペースで子猫が死んでしまう

迷っている時間は無かった

小さい箱にタオルを敷き、子猫を入れて更にタオルを掛け、暖房を最大にした車内へ

nora.jpg


スカイダイビングへの道中は、猫の体を摩りながら一生懸命、声を掛け続けるK
「頑張って、頑張ってね、ゴエモン」 と、いつの間にやら名前まで

スカイダイブ藤岡に到着し、仲間の獣医さんに診てもらうと
「低体温と脱水、すぐに点滴しないと死んじゃうかも

点滴は無理だけど
暖かい車内で赤ちゃん用のポカリスエットをスポイトで少しずつ飲ませ続けること数時間

「ミャァァァァ」と徐々に元気になっていく泣き声

「これなら大丈夫そうだよ 」 と獣医さんから言葉をもらった時は
本当に嬉しかったA&K

でも・・・
この猫、これからどうしよう・・・                (つづく)

スポンサーサイト