2011.04.29 つくし
一昨日、
震災後、初めて仙台の実家に行ってきました

電話 やメール で家族の無事は確認できてたけど
実際に会うまでは心配でした

まだまだ不便なことが多いみたいだけど
みんな元気で一安心
仕事の合間に兄も顔を出してくれて
久しぶり家族が勢揃いしうれしかったな

翌日は仕事だったので、日帰りだったんだけど
せっかく来たからには美味しいものを食べようということになり
Kの姉のお気に入りのお店に寄ってから帰ることにしました

イタリアンワインとアテの店 つくし

CIMG7384.jpg
仙台市青葉区立町17-14 コーポ沼倉1F
Tel/Fax 022-265-3202
月曜定休


カウンター7席、テーブル2卓のこじんまりとした雰囲気のあるお店です

CIMG7386.jpg

今回オーダーしたものは

北海道産ワカサギのエスカベージュ
青森県産活たこと苦味野菜のサラダ仕立て
青森県産活〆平目のカルパッチョ
北海道産ホタテと野菜の香草バター焼き
鶏ササミと菜の花のマリネ・ジェノベーゼソース
ミックスオリーブ
エルム山麓ワインラムのすね肉と白インゲン豆のトマト煮込み
ズワイガニと菜の花のペペロンチーノ
海老の旨みたっぷりアメリケーヌソースパスタ・タリアッテレ

わかさぎ たこ

ひらめ ほたて

ささみ オリーブ

パスタ アメリケーヌ
ラムの煮込みは写真撮り忘れちゃった

どの料理も素材の味が生かされていて
ホントッ美味しいんです
ワインはオーダーしたメニューに合ったものをチョイスしてくれます


立ち飲みスペースがあるので、仙台に住んでいたら
仕事帰りにちょくちょく寄りたいお店であること間違いなし

スポンサーサイト
2011.04.28 とり
気温がグングン上昇し
カラッと気持ち良い一日でしたね

木の枝にとまった小鳥
花をつついていたのでパシャ 

IMG_8305.jpg

蜜でも吸っているのかなぁ

2011.04.25 すっきり
地上と上空の気温差が大きかった昨日

積乱雲が発生して
ひょうが混ざった激しい雨 と雷 に見舞われた

空中のチリが雨に流され、
その後の夕焼けは澄んだ空気で気持ちいぃ~

IMG_8295.jpg

綺麗な夕焼けって
いつまでも眺めてしまう

2011.04.24 落ち武者
福島から相馬に向かう途中、鬼太郎発見



どなたか御髪を整えてあげてくださ~い

2011.04.23 ほぼ完治
左手の薬指をざっくり切ってから3週間経ちました
経緯はこちらをクリック http://skydive1998.blog120.fc2.com/blog-date-20110404.html

毎日こまめに消毒したかいあって、化膿もせず随分よくなりました~




「左手は猫の手」

03-title-img04.jpg

肝に銘じ、今後は切らないよう気をつけま~す

2011.04.21 考える
たった4日間の滞在中も
その復旧の早さにビックリ

コンビニに並ぶ品物の種類や量が増えたり
ファミレスやファストフード店の営業時間が延びたり

病院や薬局も多くが再開しており
各避難所を回る巡回バスを使い、病院へ行く事も可能に

給食形式の食事や仕出し弁当など避難所の食生活も随分改善
時には余ってしまい、「弁当、たくさんあるから食べてってよ」
と、巡回中のA&Kにすすめてくれる事も
(もちろん丁重にお断りしましたよ)

そこで発生した新たな問題は

ゴミ

毎日届く救援物資の中でも
野菜や果物などの生鮮食品は余ってしまうとゴミになってしまい
そのゴミが避難所の片隅で積み上げられ
カラスを呼び、ハエが発生

市で行われているゴミの収集は
その多くを津波被害地の瓦礫除去に使用しており
生活ゴミの収集まで手が回りきらない状況なのです


時の経過とともに変化する被災地の状況
それぞれの場所でそれぞれ別の方向へ変化しています

昨日も書いたけど
テレビや新聞の情報はかなり偏ってる事が多く

その情報を受け取る側も
被災地を一括りで見てしまっている気がします

今、その場所では、どのような援助が必要なのか?

それを考えてから行動する事が大切です

IMG_8291.jpg

色んな事を考え、色んな事を気付かされた
4日間でした

2011.04.20 メディア
福島県相馬市の滞在期間は4日間
たった今、宇都宮に帰ってきました

暖かな日が続いていた相馬市ですが
昨晩、雪 が降った山間部では瞬く間に

CIMG7366.jpg

銀世界

スタットレスタイヤ履いてて良かったぁ

街中では雪の気配は全く無く

CIMG7369.jpg

CIMG7373.jpg


再開された小学校へ向かう
元気な児童の姿があちらこちらで見られました


そんな嬉しい光景が街に戻ってくる一方、
ハラワタの煮えくり返るような事実があったのです


ミーティングの際、
その避難所を担当している保健師からの報告でした

「マスメディアが無理に避難所の子供を取材し、
更には被災当時の状況を思い出させてカメラに撮っている」


その日、A&Kがこの避難所を巡回した際、
確かにいくつかのテレビ撮影は行われていたけれど・・・

心のケアで派遣された精神科Drはこの報告を聞いた直後、
「それは、子供たちにとって一番してはいけない行為だ」
と市に訴え、市も早急に対応する事になったのです


NHK・民放などマスメディアは
震災の一面のみを過剰にクローズアップして放映し
視聴者の被災地に対するイメージを無駄に煽っているのではないか

現地の状況を目の当たりにし
その気持ちがより確固たるものになりました

2011.04.19 時間
A&Kは職能派遣で
4月17日から福島県相馬市に来ています

今回の震災で地震と津波の被害を受け
更には原発の不安が付きまとう地区です

1_20110419213749.jpg

テレビの中の光景でしかなかったものが
避難所を巡回する車中から現実のものとして目に飛び込んできます

2_20110419213749.jpg

3_20110419213749.jpg

ハッキリ言って最初はショックが大きく
どう行動をすればよいのか、本当に力になれるのか
避難所を回るたび、帰り道は二人で話し合いをするばかりでした


そこで見えてきた現在の状況を少し報告しようと思います

まず今の相馬市ですが
市街地は概ね復旧し、昨日から学校も再開されました

ライフラインは復旧しており
ガソリンも待たずに給油できます

スーパーやコンビニ、ファストフード店やレストランも開店し
物によっては少なかったり、営業時間が短かったりする事もありますが
必ずしも不自由するようなものでも無いと思います

街は着実に
復旧しています

明日は出発が早いので
今日はココまでの報告で・・・

2011.04.14 余震
毎日余震が続いて落ち着かないですね 

なんとなくめまいやふらつきなどを感じる「地震酔い」に
陥っている人も多いとか・・・

A&Kも地震でもないのに揺れてるような感覚がたまにあるのですが
そんなときはこれ で地震かどうかチェック

IMG_8256.jpg

この鹿クン、首が揺れるんです

数年前にアメリカ土産で頂いたんですが
思わぬところで大活躍

ちょくちょく見ない生活に早く戻りたいな

2011.04.13 教育
本屋をぶらついて
何気なく手にした本を購入してみる

これって結構、当たりハズレがあるんだけど
たまたまその本が面白かったりすると、すごく嬉しいよねぇ

今、Aが読んでいる本は
大当たりにランクインするくらい面白くて難しい一冊

滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)
(2010/06/15)
原 武史

商品詳細を見る


1970年代の東京都郊外では
あちらこちらに数多くの団地が建設され
その一つである東久留米市滝山団地内の小学校で行われていた
教師による集団教育の実態を著したノンフィクションのドキュメンタリー作品

A&Kが小学校でお世話になるのは
この時代から10年くらい後になるけれど

あの時に開催された
音楽会 や課外授業、球技大会 などのイベントは
もしかしたらこんな目的で行われていたのかも知れない

なぁ~んて
考えさせられる一作です

教育現場の一面を見てみたい人には、ぜひオススメ



2011.04.12 朝焼け
今朝、雨戸を開けたら
朝焼けがとてもキレイだったので
写真を撮ってみました



雲が桜のような色で
朝からHappy な気分になれたんだけど…

この写真だとうまく伝わらないねぇ

Aをたたき起こして撮ってもらえば良かったな

2011.04.10 屋根より
2階建ての家が多い現代

屋根より高くはならないけれど
面白そうに泳ぐ姿はいつの時代も変わらない

鯉のぼり

IMG_8281.jpg

江戸時代中期に始まったとされるこの慣わし
「男児の誕生を天に報告し、その守護を天に願う」との意味があるらしい

実家に庭が無く「鯉のぼり」ができなかったA
兄のための「鯉のぼり」どころか、自分の「雛人形」すら無かったK

この歳になっても
憧れの風景なのです

IMG_8277.jpg

2011.04.07 いずれは
暖かな陽気に誘われて
自転車 をふらりふらりとこいでいると

林の中に
見慣れぬ建造物が

IMG_8263.jpg

高台に建っているように見えるので
土塁の上にそびえる城みたいだけど

はたして
こんなところに城があったかなぁ


自転車をこぎこぎ近付いてみると
なんとそこには

IMG_8266.jpg

宇都宮動物園

以前から、いずれは行こうと
話だけはしているA&K

大体の場所は把握していたけど
まさかこんなに近くにあったとは・・・

年内には訪問してみます

2011.04.06 ごくらく
今日は暖かで春 らしい一日でしたね


Aはサマーベッドを駐車場に持ち出して
音楽 聴きながら読書 をし、眠くなったらうたた寝 をする

これぞ 極楽

CIMG7336.jpg

少し陽に焼けちゃいましたぁ~


2011.04.04 ぎゃぁぁぁ~
サーバーの緊急メンテナンスでしばらくUPできませんでした

途中まで書いてた記事も消えてるではないかっ

気を取り直してもう1度書こうと思います・・・


主婦歴 14年目になるKですが
年に1回、包丁で指を切ります

今年の「その日」は先週の金夜でした

ねぎの切れっ端を切ってるとき
手元が狂って、左薬指をぐさっり

いつもと違って
血が止まる気配な~し


翌日、仕方ないので病院へ・・・

案の定、けっこう深いキズで縫うこと決定

指に麻酔するとき
おじいちゃん先生が「痛いから泣いてもいいよ」

「何言ってんのよ、あたし痛みに強いんだからね 」って心の中でつぶやく

しかーし、
指に麻酔を注入された瞬間
「ぎゃぁぁぁ~

思わず大声あげちゃいました

随分前にも3針縫ったことあったけど
こんなに痛くなかたよぉ~

CIMG7335.jpg

もう二度と指を切るもんかと心に誓うKなのでした