2日目はフェリーで長崎県壱岐市に渡り
レンタカーで島一周の予定だったが

朝から風がビュービュー
フェリーはまさかの欠航

そこで急遽予定を変更し
電車に乗って福岡県北九州市の門司港へ

日本を代表する港町の歴史は古く
いたるところに古い建物が状態良いまま残っていました

CIMG5656.jpg
                                   駅舎もレトロ

CIMG5653.jpg CIMG5659.jpg

暴風で凶器と化したミゾレに立ち向いながら街中を適当に散策後
関門海峡を徒歩で渡ろうと駅でバスを待つ

が、1時間に1本のバスが天候で30分以上遅れているので
早めに福岡に帰る事となりました

CIMG5660.jpg

その夜は居酒屋で一杯呑んで天神の屋台へ繰り出し
たまたま隣に座った地元のおじさんと意気投合

博多の屋台は中洲より天神が良い事や九州と韓国の間柄、
ご自身の職場である百貨店の歴史と今後の展望、
さらには学生運動で出会った三島由紀夫の話など

おおいに盛り上がってきたその時に
「壱岐ってどんなところですか」と聞いてみた

すると嬉しそうに

「天国やね

海が綺麗で
美味しい魚がいっぱい獲れて
それはもう最高の島らしい・・・

「やっぱりぃ?」

次回こそ
絶対に壱岐に渡ってみせるぞっ

スポンサーサイト